« 盗人猛々しい | トップページ | 高いところ »

文才は無いけれど

俺は文才だの、センスだのといったものにはおよそ縁のない人間である。
小学校の頃から、作文は大嫌いだった。
400字詰めの原稿用紙1枚を埋めるのも一苦労だった。
同じ年齢の連中はどうしてあんなに文章がすらすら書けるのだと、疑問に思ってばかりだった。
新聞なんかで発表される「最優秀作品」とやらも、失礼は承知の上で言わせてもらうと、
本当に俺と同じ年齢の人間が書いてるのか?誰かの入れ知恵ではないのか?・・・と思ったこともあった。

・・・・ガキの頃からひねくれてたんですな、俺は(^_^;)

こうやっていっぱしにブログなんてものをやってる今でさえ、文章には自信がない。
読んで面白い文章ではないかもしれない。
他に面白いブログは沢山ある。

でも、ここに書かれている言葉達は全て俺自身の思いである。
数人でもこのブログに共感してくれる人がいれば、俺は嬉しい。

|

« 盗人猛々しい | トップページ | 高いところ »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

リュウセイmk2 さん、おはよう。

自分も作文とか苦手だったよ。小学生の時、何を書けば良いのか分らなかった。一文字も書けないので、放課後残されて書かされました。

仕方が無いので、こう書いて欲しいんだろと、思ってもいない事を書きました(笑)

世間を覚めた目で見ているので、物事に関心が無く、小さい子供が面白いとか感動したとか思う話を書けないのです。

でもこうして、読んだり書いたりしてるのは、けっこう楽しいもんだね。

投稿: じぃじぃ | 2005年4月 2日 (土) 09時06分

じぃじぃさん、お久しぶりです。コメントをありがとうございますm(_ _)m

何となくじぃじぃさんの仰ること、わかるような気がします。
当時はうまく表現できないけど、何か違う???というような、引っかかるような感じがしたものです。

本当に書く楽しさを知ったのは、ごく最近、ネットの前のパソ通を始めた頃ですね。

投稿: リュウセイmk2 | 2005年4月 2日 (土) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64839/3488715

この記事へのトラックバック一覧です: 文才は無いけれど:

« 盗人猛々しい | トップページ | 高いところ »