« 虫のいい話だと思うが。 | トップページ | カッコいいぜ、カズ! »

越えられぬ壁?

ネットワーク麻雀・MJ2をプレイするようになって大分経ったけど、未だに初段と一級を行ったり来たりの繰り返しである。
俺の場合は、二段>>>越えられぬ壁>>初段・・・・のようである。

もっとも俺は、元々麻雀は強くないけんだけどね。(^_^;)
でも、高段者と対戦すると、どうしても振り込んでしまう確率が高いような気がする。
自分ではそのつもりは無いんだけど、やっぱり無意識のうちに萎縮してしまっているんだろうか?

MJ2では、実際の牌譜を大画面で中継してるんだけど、高段者やプロ雀士の打ち方を見てると、ウームと感心してしまうことが多い。
少なくとも、俺みたいにテンパイ即リーチなんてことは滅多にない。

因みに俺は、実際に麻雀をやったのは(ビデオゲームではなく、本当に卓を囲んで)、学生時代にサークルの合宿のときにやった経験があるだけである。もちろん、賭け麻雀ではない。
実際に雀荘に行った経験もない。
俺が賭けなんぞやったところで、スッカラカンになるのがオチである。

実際、ゲーム中でも、ダブロン(二人同時に上がられること)されたこともあったし、飛ばされた(持ち点がゼロ以下になってしまうこと。その時点でゲームは終了する。もちろん、飛ばされた人が最下位)こともある。
これがもし賭けだったら・・・と思うと、ゾッとする。

麻雀はゲームで楽しむ程度で良いのである。

同じビデオゲームの麻雀でも、一時期「脱衣麻雀」が流行ったけど、あれはどう考えてもCPUの打ち方がインチキとしか思えない。
でも俺、一時期それにはまってたんだよなあ・・・orz

(追記)
以前、プロ雀士は賭け麻雀をやったら、協会を即除名されるという話を聞いたことがあるが、うろ覚えなのではっきりとはわからない。
詳しいソースはあるのだろうか?

|

« 虫のいい話だと思うが。 | トップページ | カッコいいぜ、カズ! »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64839/5025603

この記事へのトラックバック一覧です: 越えられぬ壁?:

« 虫のいい話だと思うが。 | トップページ | カッコいいぜ、カズ! »