« 俺の心の街で・・・・ | トップページ | いつの間にか。 »

現場にて・・・・

 今日、秋葉原の事件現場を訪れた。
 献花台が設置してあり、たくさんの花束、飲み物などがお供えされていた。

 俺は恥ずかしながらあまり余裕がないので、ペットボトルのミネラルウォーターをお供えした。
 ・・・・暑かろうと思って・・・・

 俺は考えた。
 マスコミ報道でいろいろなことが明らかになってきているようだが、大切なのは真実を明らかにし、二度とこのような事件が起こらないようにすることである。
 
 秋葉原が変な意味で目立つようになったから?
 犯人が派遣で挫折感を味わっていたから?

 そんなことが理由になるとでも思っているのか!

 ただ、感情的に「高く吊せ!」と叫ぶのは簡単である。
 しかし、批判を恐れずに言えば、感情的にならずに、こんな事件に至った背景を冷静に分析すること、これが大切なのではなかろうか。

 誤解の無いように申し上げておくが、俺は犯人を絶対に許さない。

 (追記)
 献花台の前にいるマスコミ、冥福を祈る人々の邪魔をするな。消えろ。

|

« 俺の心の街で・・・・ | トップページ | いつの間にか。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64839/41490838

この記事へのトラックバック一覧です: 現場にて・・・・:

» 出口のない状況 [瀬戸智子の枕草子]
悲しくて心痛む事件がありました。 社会的に大きな問題ゆえ、皆さん、いろいろこの記 [続きを読む]

受信: 2008年6月12日 (木) 17時48分

» 「秋葉原でおきた惨事」…自己肯定感の阻害か [dr.stoneflyの戯れ言]
 本当は書くつもりはなかった。  社会に対しては「派遣労働者の惨状」「格差社会の犠牲者」「死刑廃止論」という視点。個に対しては「そも負け組と思い込む心性」「勝ち負けという価値観」「死と生について」……など、いろいろ考えるところはある。でも、どこから切れ込もうが、容疑者に対しても被害者に対しても、どこかで書くことを躊躇させるものがあるから。そう、ワタシの中の何かが、机上で語るワタシはワイドショーで嬉しそうに語る評論家とどこが違うのだろう、とブレーキをかけるからである。... [続きを読む]

受信: 2008年6月12日 (木) 21時49分

« 俺の心の街で・・・・ | トップページ | いつの間にか。 »