« 署名してきました | トップページ | にんげんをかえせ »

8割でよいと言うけれど

 よく言われるのが、「常に10割でなく、8割の力で仕事や生活をこなせ」というものである。
ただ、未だに分からないのが、その「8割」の線引きをどこでするかと言うこと。

 俺は精神障害者枠で現在の職場に勤めている。一日の労働時間は6時間。週5日で合計30時間。

 それでも、週末、金曜辺りになると疲れが溜まってしまう。
上司からは「もっとゆっくりで(仕事を進めて)いいんだ」と言われるが、どうしても10割で毎日やってしまうんだよなあ…(俺はそんなこと意識していないんだけど、どうもそう映るらしい)

 昨日も何とか定時まで勤務することは出来たけど、あまり調子がよろしくなく、いつ早退しようかと考えていた。
 事実、今日もまだ疲れが抜けない。

 8割の境界線って、どこだろう?
 


|

« 署名してきました | トップページ | にんげんをかえせ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64839/56965165

この記事へのトラックバック一覧です: 8割でよいと言うけれど:

« 署名してきました | トップページ | にんげんをかえせ »