気がつけば5年。

しばらくぶりの更新です。(サボっていただけとも言いますが)

このブログを開設してから、気がつけば5年になろうとしている。
いやー、いろいろなことがありましたね。
一言では話し尽くせません。

すったもんだがありましたが・・・
現在は以前の記事で述べた、6月1日から本採用になった企業で総務部勤務。
早出・残業は行わない、通院の配慮も行ってくれるのはありがたいことである。
その分、収入はSE時代の半分以下に減ったが、仕事にもようやく慣れてきた。

まあ、収入が少ないのはそれに見合った生活をしていけばいいだけの事なので、さほど苦ではなくなった。
当初は落ち込んだこともあったけど。

最近は余裕ができたおかげか、仕事以外にも楽しみを見つけることができつつある。
仮にも総務たる者が簿記の一つもできなくてどうすると考え、日商簿記検定の勉強を始めた。

10月の初めと先週金曜の晩は、秋葉原のクラブイベントで大はしゃぎ。(特に先週金曜は完徹!)
汗びっしょりで膝がガクガクになったけど、心地よい疲れである。
その次の晩(先週土曜)は巨人の日本一に大感激。(いや、7年は長かったなあ・・・・)

そんなこんなで、仕事、勉強、趣味、etc.・・・と、人生の軸をこれからも探して確立させたいと思っております、ハイ。

・・・・ま、早い話俺は楽しいことが大好きなだけなんだけどね。
いつまでクラブイベント通いするのかって?決まってるでしょうが。

体が動かなくなるまでですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは光栄ですな。

 このブログへの最新リンクをたどってみたら、興味深いサイトにたどり着いた。
 kisasi.jpなる、「ブログから話題を探る」サイトらしい。

 で、このブログの解析結果からリンクされていた、と言うわけである。
 内容は以下の通り。↓

 http://myboo.kizasi.jp/analysis/feed.py?url=http%3A%2F%2Fryusei-mk2.cocolog-nifty.com%2Fgoodday%2F

 ほー、このブログもギュウゾウ氏(電撃ネットワーク)や森村誠一氏、大前研一氏や紀藤正樹氏のブログと同列と見られていると言うわけですな。

 それは光栄ですな。

 でも、「怒ってる感がブログににじみ出ています」と言われても、この世の中には怒りたくなることしか無いのだから仕方がないじゃないか。

 本当は俺だってもっと嬉しいことや楽しいことを書きたいよ。
 だけど、鬱病で休職中の俺には楽しいことなんか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ・アバウトミー

@niftyの新しいプロフィールサービス「アバウトミー」に登録しました。
詳しい内容を知りたい方は、右側サイドバーの「about me」のアイコンをクリックするか、または以下のURLをご参照下さい。

http://ryuseimk2.aboutme.jp/

こちらの方もこのブログと併せておいおい充実させていく予定ですので、よろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログパーツ

@niftyに「ブログパーツガーデン」というサイトができたので、覗いてみた。
アドレスはコチラ↓

http://blogpartsgarden.jp/

どれも面白そうだし、使い方によってはなかなか便利なものも揃っていて興味深い。
で、とりあえず拙ブログに新しく貼ったパーツは・・・・

左側のサイドバー「メール送信」の下をご覧下さい(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あのねえ・・・・・

そりゃ確かに、「英文TBにうんざり」しているとは言いましたよ、ええ確かに言いましたとも。

だからってねえ・・・・・

誰がいつ日本語でスパムTB送れって言った、ボケ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやー、驚いた。

普段はそれほど来訪者の多くないこのブログだけど、昨日、今日と急にアクセス数が伸びているから何事か?と思えば・・・・・・
アクセス解析をしてみてわかった。

ああ、なるほど、そういう事ですか。
まさか1年前の記事が今になって注目されるとは思わなんだ。

それは変だよ、池内サン。(2005年7月27日投稿)

かの人に関する騒動については、現在ネット上でまとめサイトなどに目を通してはいるが、まだ完全に把握できていないので現時点では何とも言えないし、申し上げるつもりもない。

ただ、次の2点だけは念のために申し上げておく。
・件の記事は、当該ニュースの疑問点、および池内氏の発言を批判したものであって、それ以上でもそれ以下でもないこと
・また、当該エントリは、以前池内氏のブログにこちらからTBを送ったものであること(その後削除されたが)

ま、ご本人からコメントを頂けたのは想定外だったけど・・。

とりあえず、以上が現時点での俺の考えです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ランキングオンラインに参加しました。

当ブログは、本日より「ランキングオンライン」に参加しました。
ブログを運営している者にとって、「誰が読んでいるか」「何を目的として読んでいるか」というのは、どうしても気になってしまうものです。

もちろんそれは、読者の皆さんからのコメント、トラックバック、そしてアクセス解析からもある程度は把握できますが、もっと詳しく知ることができれば、そしてこのブログを読んで頂く機会が多くなれば、と考え、参加を決めた次第です。

今後とも当ブログをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ランキングオンライン

記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9条ブロガーズ・リンクの新春特別企画

俺が参加している「9条を守ろう!ブロガーズ・リンク」にて、新春特別企画・国民投票が実施されています。
URLはこちらです↓

http://www.magazine9.jp/index0.php

読者の皆さんのお考えはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「9条守ろう!ブロガーズ・リンク」に賛同表明します。

先の総選挙での自・公の大勝以来というもの、この国はますますおかしな方向に突っ走っている。
とりわけ、俺が危惧せずにはいられないのが改憲、それも9条改悪への動きである。

この国の政治屋(あえてこう書く)は、歴史から何一つ学んでいない。
マスコミも全く当てにならない。
だとすれば、俺たち一人一人が声を上げて大きな流れを作るしかない。

というわけで、遅ればせながら当ブログ、および管理人は、ここに「9条守ろう!ブロガーズ・リンク」への参加表明を宣言いたします。

「あれよ、あれよという間に気がついていたら戦争への道を突き進んでいた」という間違いを、俺たちは絶対に起こしてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

共感するが故の批判。

実のところ、俺は2ちゃんねるがあまり好きではない。
「玉石混交」とでも言うのか、ごくたまにではあるが良スレに出会うこともある。
しかし、大方は誹謗中傷、差別用語のオンパレードで、読んでいて気分が悪くなる。
(彼ら「2ちゃんねらー」が何をしたかは、去年のイラクの邦人人質たちに対する仕打ちを見ても明らかであろう)

沢山のブログの中には、2ちゃんねるに批判的なブログも多い。
そんな中、このようなブログを見つけた。

やすらぎチャンネル~2ちゃんねるで傷ついた心に~

なるほど、確かにこのブログ主の言わんとするところはわかるし、その気持ちは尊重したい。
しかし、このエントリの内容はいかがなものか?

リンク: 2ちゃんねるのオタクたちを見て.

このブログ主さんの趣旨に共感するからこそ、あえて批判させていただきたい。

>アニメのキャラクターやゲームの女の子たちに恋する人たち。
>彼ら男性のことを、総じて「オタク」と呼びます。
>仮想世界の女性を見て心を癒しているらしいのですが…

>残念ながら、言葉も出ません。
>本当に愚かな人たちです。

>何よりキモイし…(( ;゚Д゚))

この「キモイ」などという言い方、そして一方的な決め付けは、ブログ主の忌み嫌うところの「2ちゃんねらー」のやり方そのものではないか。
それと、ここに出ている某マンガの単行本の表紙画像・・・・
作者に許可は取ったのだろうか?
なによりも、所謂「キモイ」の代名詞であるかのように勝手に使われては、ファンのみならず作者に対しても失礼ではないのか?

厳しい言い方かもしれないが、正直に言わせていただく。
ブログ主は「2ちゃんねるの暴言で傷ついた人を癒してあげたい」そうだが、こういうふうに高いところに立って見下した言い方を平気でするような人物に言われたところで、傲岸不遜にしか聞こえない。

このままでは2ちゃんねらーから反発を食らうだけだと思う。
ブログ主さんはまだブログを始めたばかりの方のようだし、その趣旨を尊重し、共感するからこそ、そして、長く続けて欲しいからこそ、あえて苦言を述べさせていただいた次第である。

なお、この記事は上記ブログの当該エントリにTB致しました。

(追記)お断りしておきますが、俺は2ちゃんねらーの味方ではありません。・・・念のため。

(11月27日追記)
・・・・と思っていたら、上記のブログは閉鎖されていて、別の場所へ移転していた。
移転先のブログを読んでみた。・・・・・呆れて何も言いたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)