興奮した!感動した!

 ついにやった!
 男子バレーボール日本代表、16年ぶりの五輪出場!

 16年・・・・長かったな。
16年前と言えば、俺が社会人生活を始めてから2年目の年である。
 如何に長い年月であったか、それだけで想像がついてしまう。

 いや、正直、スポーツ中継、それも男子バレーを観てこんなに興奮するとは思わなかった。

 初戦のイタリア戦で黒星発進だっただけに、「またか・・・」という思いが頭を過ぎった。
 しかし、その後は破竹の5連勝。
 俺がテレビで観戦したのは、実は第3戦目の韓国戦からである。
 
 そのとき俺は感じた。
 ここにいるチームは、4年前のアテネ五輪予選のときのチームではない。技術的にも、精神的にもタフになっている最高のチームだと。

 特に興奮したのは、対豪州戦、そして昨日の対アルゼンチン戦である。
 口さがない人々は、豪州戦は相手のミスのおかげで勝てたなどと言うが、ちょっと待って欲しい。

 豪州だって、この試合の大切さは十分わかっていたはずだ。
 そんな大事な試合でミスを連発する方が悪いんじゃないか。

 それに、アテネ五輪予選当時の日本代表だって、同じようなミスを何度も繰り返していたのである。
(当時俺は、「五輪目指すならサーブが入るようになってからにしろ!」と思ったものである)

 昨日のアルゼンチン戦も最終セットまでもつれ込み、最後の最後までハラハラしながら観ていたが・・・
勝った瞬間、俺の興奮は最高潮に達した。

 そして、監督、選手のインタビューのとき、俺は思わずもらい泣きしてしまった。
 スポーツ中継観て涙が出るなんて・・・・何年ぶりだろう。

 今はまだ欝気味の俺だけど、泣ける涙があるうちは大丈夫なのかな、とも思った。

 何はともあれ、代表チームにはこころから「おめでとう」と言いたい。
 そして、今日の最終戦・対アルジェリア戦にもきっちり勝って、有終の美を飾るとともに、北京に繋がる試合をして欲しい。

 ただ・・・どうしても腑に落ちないことがある。
 アテネ五輪の時にも思ったんだけど、どうして男子の出場条件は女子のそれよりも厳しいんだろうね?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

遅すぎるんだよ。

 今更のこのこ謝りに来たって遅いんだよ、理事長殿。

 北の湖理事長が遺族に直接謝罪(日刊スポーツ)
 (Sports@nifty:日刊スポーツ:2007/10/12 18:50)

 時津風のクビを切った後で重い腰を上げてきたって訳かい?
 
 協会がもっと速く対応していればこんな悲惨な事件は防げたかもしれないんだよ。

 まあしかし、あの後、武庫川部屋でも暴力沙汰があったという話も出てきたし・・・
 
 こんなに対応がグズグズしているのは、どの部屋もみんな脛に同じ傷を持っているからではないのか、と疑われても仕方がないだろうが。

 ところで。
 朝青龍のときにさんざん「品格」がどうのと文句を垂れていた横綱審議会のお歴々は、どうして今回の事件については何も言わないんだろうね? 
 少なくとも、俺はついぞ聞いたことがない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

たったそれだけですか?

 やっぱり、角界の常識は世間の非常識である。

 師匠会で注意喚起へ=力士急死で相撲協会(時事通信)
 (Sports@nifty:時事通信:2007/09/26 19:12)

 死んだんだぞ!人が死んだんだぞ!
 それなのに「注意喚起」で終わりか?

 朝青龍のときとえらい違いじゃねーか。

 よく言われることばに「無理へんにゲンコツと書いて『相撲』と読む」とあるが、この体質はちっとも変わっていないんだな。
 それで何人の将来有望な力士が潰されたと思っているんだ。

 これで大相撲の未来はますます暗くなったな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

田尾さんは大人だねえ。

おそらくは田尾さんも、言いたいことはもっと一杯あるんだろうけど。

「失敗、三木谷さんにいい経験」 田尾・前監督が裏話
(asahi.com 2005年12月17日18時56分)

この話がすべて本当だとしたら・・・・つくづく三木谷ってのはケツの穴の小さい輩だな。
功労金の条件が「球団にマイナスになることを言わない」って・・・・要するに、カネで口封じしようってことだろうが。

本当に世の中のことはすべて何でもカネで解決すると思ってるんだろうな、三木谷は。

>それでも、「三木谷さんは今まで失敗していないが、サッカーで失敗し、野球も今年は失敗し、いい経験をしている。長い目で見たら大きな成功を得る」と、その手腕に期待していた。

いや、田尾さん、オ・ト・ナじゃ~ん。
この台詞をしっかりかみしめて頂きたいものですな、三木谷サン。

ま、俺は無理だと思うけどね。
シーズンオフになった途端に、テレビ局の買収にうつつをぬかしているようじゃあねぇ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上原サン、忘れてるよ!

巨人エース上原が新人に「心得3カ条」(日刊スポーツ)
(Sports@nifty:日刊スポーツ:2005/12/08 10:23)

雑草魂とやらをどこかに置き忘れた人間に、こんなこと言われちゃおしまいだと思うんだけどね・・・・
上原サン、一つ忘れてるよ!

「マスコミには十分に注意!」の前に「読売以外の」を付け忘れてますよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ無責任。

神戸三木谷社長が激怒「情けない」/J1(日刊スポーツ)
(Sports@nifty:日刊スポーツ:2005/07/10 10:23)

確かに選手も悪いかもしれないが、「男として情けない」って一方的に怒っていられるんですか、三木谷サン?
あなたの行き当たりばったりの経営方法が一番の原因なのではないですか?

そういえば三木谷サン、この間は「プロ野球にもう興味が無くなった」とか公の場で話してましたよねえ?
それがプロ野球球団オーナーの言う台詞ですか?

さらに遡れば、あなたは以前、「プロ野球に参入する気は全くない」と、昨年の自社の第二四半期決算説明会で、はっきり仰ってますよねえ?
ソースはこれ↓

「プロ野球球団は持ちません!」――楽天が2004年度第2四半期決算説明会を開催
(ascii24.com 2004年8月19日)

要するに、俺が言いたいのは、
「三木谷サン、あなたのような無責任な人物にスポーツビジネスをする資格は無いんだよ!」
と、まあそういうことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミッショナーというのは。

コミッショナー、議会で証言の意向 大リーグ薬物問題
(asahi.com 2005年03月15日11時02分)

コミッショナーというのは、こうやって問題に真正面から取り組むことの出来る人のことを言うのだ。
ただ逃げ回ってばかりで役立たずの日本プロ野球コミッショナーとは雲泥の差である。

ところでごろ寝・・・じゃなかった、根来サン、いつになったら辞めるんですか?

「辞めてやろうという気持ち」などと妙な大見得を切ったのは他ならぬあなた自身でしょ?
最後くらい筋を通したらどうなんです?俺は別に止めはしませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナベツネ怪気炎(笑)

渡辺前オーナー「視聴率ごくせん並みに」
(nikkansports.com 2005/3/15/09:06)

・・・・・・・・

あ、すいませーん、リクエストお願いします。曲は・・・
爆風スランプの「無理だ!」をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

一茂さん、今さら何を。

人気低下に意気消沈 巨人特別補佐の長嶋一茂氏
(sportsnavi.com 共同通信社 2005年2月9日 19:25 )

一茂サン、いつの時代の話してるんですか。
「改革」するのに、結局「長嶋」の名前に頼る時点で巨人は終わってると思うんですが。

俺も最近までは巨人ファン「だった」から嘆かわしいですよ、全く。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

のぼせ上がるのも大抵に・・・

「ウゼー!」上原怒り爆発…マスコミ注視は自業自得(夕刊フジ)
(Sports@nifty:夕刊フジ:2005/02/08 17:23)

上原サン、あなたの「雑草魂」はどこに置いてきてしまったのですか?

それにしても、上原といい、井川といい、これではたとえポスティングシステムで曲りなりにメジャー入り
したとしても、長続きするはずがない。

あちらではこのようなことをしようものなら、即刻クビだろうから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)