少し好きになった・・・かも?

 連休の中日、久々に書籍を購入。この本である。

 この書籍の内容全てが共感できるわけではないし、彼女の芸能界復帰への課程には些か疑問がある。
 ただ、読んでみて、「加護亜依」という人間が少し好きになったのは確かである。

 で、今日はついでに一部で話題になっている(?)「加護ちゃんねる。」なる動画を携帯で観た。
 
 最初は「これは一体何の冗談だ?」と思っていたが・・・・

 その弾けぶり(・∀・)イイヨイイヨー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々に本の話。

今日は職場の忘年会なのに、体調悪くて行けなかった俺。
イライラが溜まって暴発寸前だった。

帰りにコンビニに寄ったとき、これらの本を購入した。

昔はこの手の本をよく読んだものだが、そのうちに「なんだ、耳に心地のいい言葉ばかり書き連ねて、なんの役にもたちやしねーじゃねーか」と捻くれた考えを持ってしまい、そのうち読まなくなった。
だから、今回、上記の2冊を購入したのも、冗談でも誇張でもなく、運命としか思えない。

読んでいるうちに、一気に涙腺がゆるんだ。
俺の中にはまだこんなに涙が溜まっていたのか・・・と思ったくらい、堰を切ったように涙が溢れた。
久々に思い切り泣いた。

そうか、俺がここ最近、キレる寸前までいらついていたのは、感情を露わにすることがなかったからなのかな・・・と思った。

この2冊は、是非とも一度お読みすることをお勧めしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)